*

美容法

夏でもお風呂につかるのが良いっていうよね。

夏は暑いのでシャワーだけで済ます人も多くなります。夏に限らず、冬もシャワー浴の人も若年層を中心に増えています。夏場でもお風呂に浸かる方が、クーラーや冷たい飲料で冷えた体をほぐしてくれるし、血行を促進するので、浸かる方が体の調子は良くなります。

ただ入っているだけでは面白くないので、入浴剤を入れると気分が変わって楽しめます。その中でもクナイプの入浴剤がとても気持ちが良いです。クナイプとは120年以上前にドイツで生まれたハーバルブランドです。入浴料のドイツでのシェアがNo.1という、ドイツでは定番人気のブランドです。バスソルトは岩塩と植物由来成分のエッセンシャルオイルによって作られています。野性ならではの清涼感溢れる、フレッシュなハーブの香りはアロマ効果抜群です。岩塩によって、発汗作用が良くなり、肌もスベスベになります。湯冷めしにくくなるので、冷えで夏場でも靴下が手放せないという女性にもぴったりです。価格がちょっと高いのがネックですが、自分のご褒美アイテムにしたいです。
顔の調子も良くなるし、良いことづくめですね。→しろ彩ならこちら


出来るだけまつ毛に触らないこと

まつ毛も身体の中から生えてくる体毛のひとつです。眉毛とか髪の毛とか、まつ毛に近い部分でいうとそのような毛と同じように、身体の中から必要があって生えてきています。まつ毛の役割というと、目を埃やゴミなどから守ることです。

 

小さなゴミや目に見えないくらいの埃は知らないうちに目の中に入り込んでくることがあるので、そのような害になるものから目をガードしてくれるのがまつ毛なのです。まつ毛はただ生えているのではなくきちんとした役割を持っているのです。

 

もちろん髪の毛だって眉毛だって、それぞれ「何かを守る」という役割があります。だからこそ足りなくなると不安になります。まつ毛は足りなくなると顔の印象がぼやけてくるので、なるべくならたくさんあって隙間なく生えそろっていた方がいいです。

 

そのためにはむやみに目をこすったりまつ毛を触らないことです。まつ毛が気になって触ってしまう人は、そこは我慢しなくてはいけません。まつ毛の美容を心がけるならできるだけ触らないことです。

まつ毛の美容液に関してはこちら
http://akachin.com/document/document3.html